切開しない方法もあります|気になる目の下のたるみ改善にはいくつかの選択肢がある
女の人

気になる目の下のたるみ改善にはいくつかの選択肢がある

切開しない方法もあります

ウーマン

目の下のたるみには、ある特徴があります。それは、膨らんでいるところとへこんでいるところがあるということです。目の下に脂肪がある部分は膨らんでいて、年齢とともに水分が減って皮膚がたるんだ部分はへこんでいます。手術をして、このような凹凸をなくすことで、たるみが解消されます。手術の方法はいろいろあります。目の下の膨らみが気になる人が行う手術の方法は、目の下の皮膚を切開して余分な脂肪やたるんだ皮膚を取り除く方法が主流です。ただし、脂肪や皮膚を取り除くことによってへこみが深くなってしまう場合もあるので、医師の話をよく聞いたうえで検討します。肌のハリを失ったことが原因でたるみがある場合には、ヒアルロン酸注入によっても改善します。

目の下のたるみを目立たなくするための手術では、下まぶたのまつ毛の部分や下まぶたの裏側を切開して行うことが多いです。特に、下まぶたの裏側を切開する方法は跡が目立ちにくいため人気があります。また、最近では切開しない方法もあります。注射器を使って余分な脂肪を吸引した後、健康な脂肪だけを選んで、へこんでいる部分に注入します。この手術のメリットは、注射針の大きさの傷なので目立たないことです。また、自分の脂肪を移動させるだけなので異物反応がなく、安全です。さらに切開した場合は抜糸が必要になるため通院が不可欠ですが、この方法では抜糸が不要なので、手術後の通院がいりません。このような理由から、人気があります。